離婚の10の最も一般的な理由とは?夫婦が別れる多くの原因!

物事がうまくいっていないのは、分かっているはず。自分の結婚パートナーは、自分が最後にお互いに話をしたときに、厳しそうで、飄々としていて、憤慨しているように見えました。

いつものように、自分は相手が来ることを期待し、蒸気を手放し、時間とともに相手の普通の自分になることができます。その代わりに、ある日、自分は家に帰ってきて、食器棚から相手の服がなくなっているのを見つけるために、夕食のテーブルの上に離婚の通知。

このようなシナリオが自分の人生にも起こりうると思いますか?

カップルが喧嘩して仲直りして、喧嘩して仲直りして、ある日まで、相手は良い意味でバラバラになってしまうことは珍しくありません。自分の関係の問題を無視しないでください、自分は知らない、自分の関係はあまりにも岩の道に向かって踏み固めている可能性があります。性格が合わない場合でもどちらかが譲らないといけません。

離婚のための本当のトップの理由は何ですか?

不倫、コミュニケーションの欠如、金融トラブル、親密さのセッションを惜しむことは、離婚のための一般的な理由の一部です。

ここでは、離婚理由のトップ10を見て、他の人の失敗から学べることを願ってみましょう。

離婚理由のトップ10

1. 不倫などの不貞行為
婚外不倫は、離婚に終わるほとんどの結婚の内訳の原因となっています。

婚外不倫は、離婚に至るほとんどの結婚生活の破綻の原因となっています。これは離婚の最も一般的な原因の一つです。人々が浮気をする理由は、私たちの怒りが私たちを信じるように導くかもしれないようにカットアンドドライではありません。

怒りと恨みは、性的食欲と感情的な親密さの欠如の違いと一緒に、浮気のための一般的な根本的な理由です。

不貞行為は、多くの場合、一見無邪気な友情として始まり、浮気の専門家ルースヒューストンは言います。”それは感情的な浮気として始まり、後に物理的な浮気になります。不倫は離婚の主な理由の一つです。また、1年以上離れて暮らし、パートナーに残酷な行為(精神的または肉体的)を加えること以外にも、法的には離婚理由の1つになります。

2. 金銭的な問題
お金の問題は結婚生活に負担をかけてしまう

お金は人を笑わせる、という言葉がありますが、これは本当です。

なぜ、金銭面での相性の悪さが原因で離婚が多いのでしょうか?離婚の統計によると、離婚の “最後の藁 “の理由は、金融分野での互換性の欠如です。

異なる支出の習慣や金銭的な目標から、一方の配偶者が他方よりもかなり多くのお金を作って、権力闘争を引き起こして、すべてが限界点に結婚を緊張させることができます。”お金は本当にすべてに触れる。それは人々の生活に影響を与える」と述べています。明らかに、お金とストレスは多くのカップルにとって手を取り合っているように見えます。

金銭的なトラブルは、離婚理由の第一位である不倫に次いで、離婚の最大の原因の一つに分類することができます。

3. コミュニケーション不足
結婚生活においてコミュニケーションは非常に重要であり、効果的なコミュニケーションが取れないと、すぐにお互いに恨みや不満が生じ、結婚生活のあらゆる面に影響を与えます。

一方で、良好なコミュニケーションは結婚生活の基盤となります。配偶者に怒鳴ったり、一日のうちで十分な会話をしなかったり、自分を表現するために意地悪な発言をしたりするのは、結婚生活の中で捨てなければならない不健康なコミュニケーションの方法です。コミュニケーション不足は離婚の最大の原因の一つです。

マインドフルコミュニケーションを実践して、長年の結婚生活の過ちを変えることは難しいことですが、自分の関係を改善し、救うために努力する価値は十分にあります。

4. 絶え間ない口論
喧々諤々

家事についての口論から子供についての口論まで、絶え間ない口論は多くの関係を殺します。

何度も同じ議論を繰り返しているように見えるカップルは、相手が聞いてもらえていない、または評価されていないと感じているため、しばしばそうしています。

多くの人は、相手の視点が見えにくく、解決に至らずに口論が多くなり、最終的には離婚の原因となることがあります。

5. 体重の増加、太ったり老けて見た目が変わった
やけに表面的で不公平に思えるかもしれませんが、体重増加も離婚原因の代表的なものの一つです。

奇妙に思えるかもしれませんが、体重増加も離婚の主要な原因の一つです。いくつかのケースでは体重増加のかなりの量は、他の人のために、体重増加は親密さとの問題にトリクルとさえ離婚の原因になることができます相手の自尊心、上の通行料を取りながら、物理的に魅力的になるように他の配偶者を引き起こします。

6. 非現実的な期待
高尚な期待を持って結婚生活を送るのは簡単です。配偶者や結婚生活が、自分のイメージ通りのものであることを期待してしまいがちです。

このような期待は、相手に多くの負担をかけ、自分が失望感を残し、配偶者を失敗のために設定することができます。間違った期待の設定は、離婚の理由の一つになることがあります。

7. 親密さの欠如
夜の営みがない。それは相手が見知らぬ人や配偶者よりもルームメイトのように一緒に住んでいるかのようにカップルを残すので、自分のパートナーに接続されていると感じないと、すぐに結婚生活を台無しにすることができます。

これは、物理的または感情的な親密さの欠如から来ることができ、常に営みについてではありません。自分は常に自分の配偶者に冷たい肩を与えている場合は、時間をかけてそれが離婚のための地面になることができることを知っています。

自分のパートナーの性的ニーズを無視することは、最近の時代に離婚の第一の原因と呼ばれています。

自分の関係を親密で特別なものにすることは、両方のパートナーの責任です。ちょっとした親切や感謝の気持ちを実践して、できるだけ親密な関係を楽しみ、関係を甘くするようにしましょう。

8. 対等な関係の欠如
近年の離婚原因の第一位である親密さの欠如には、平等さの欠如が密接に関係しています。

結婚生活の中で、一方のパートナーが「自分の方が責任を負う」と感じると、相手に対する見方が変わり、恨みを抱くようになります。

恨みが雪だるま式に膨らんで離婚原因の一つになることが多く、実は離婚原因の第一位になっているのです。

夫婦は、それぞれが独自の課題を乗り越えて、お互いを尊重し、調和のとれた楽しい関係を楽しむ対等な夫婦として、自分なりの生き方を見つけていかなければなりません。

9. 結婚の準備ができていない
結婚生活の準備ができていないことを夫婦関係の破局の原因にしている夫婦は、驚くほど多くの年代の夫婦がいます。離婚率が最も高いのは20代の夫婦。結婚生活の準備不足は、離婚原因の中で最も多いものの一つです。

離婚の半数近くが結婚後10年目、特に4回目から8回目の結婚記念日の間に発生しています。

10. 虐待
身体的または感情的な虐待は、一部のカップルにとって悲しい現実です。

身体的または感情的な虐待は、一部のカップルにとって悲しい現実です。

それは常に虐待者が “悪い “人であることに起因するものではありません。理由に関係なく、誰も虐待を容認するべきではありませんし、安全に関係から自分自身を取り除くことが重要です。

どんな結婚も簡単ではありません。

たとえ最善の意図を持っているカップルであっても、課題を克服することができず、法廷で終わることもあります。だからこそ、早い段階で関係の問題に対処することが大切で、それが離婚の理由の一つにならないようにしましょう。相手が修復できなくなるまで待ってはいけません。

親切さを実践し、親密さを優先させ、休日には旅行に行き、結婚カウンセリングを受けて、関係の健康と寿命を維持しましょう。

自分の力ではどうにもならない、離婚の理由が多すぎる、あきらめる時が来たと判断する前に、最善を尽くしてみてください。そうすれば、大きな一歩を踏み出す前に、すべての選択肢を試してみたという安心感を得ることができます。 離婚は、自分が感情的に経験することができる最悪のものの一つですが、時にはそれは避けられないし、良いことです。

お気に入り追加