7つのことを経験していなければ、まだ本当の愛ではありません

1.インセプション

インセプションとは、ある特定の人が自分の人生において全く新しい意味を持ち始める瞬間のことです。何年も前から知っている人かもしれないし、数時間前に会ったばかりの人かもしれません。いずれにしても、自分はその人に集中し始めます。科学者の間では「サリエンス」と呼ばれる特性です。

意図していたかどうかに関わらず、自分は恋に落ちるプロセスの第一段階を開始しました。

2.侵入的思考

次の段階では、恋する気持ちが頭の中に入ってきます。会話の断片を再生したり、ある夜の彼の服装を正確に思い出したり、彼女の笑顔を懐かしく思ったりします。自分が読んでいる本を彼はどう思うだろうか、上司とのトラブルに対する彼女のアドバイスはどうだろうか、などと考えます。愛する人との出会いは、計画されたものであれ、偶然のものであれ、継続的に検討する価値のある重要なイベントとなります。

最初のうちは、このような考えがたまに出てくるだけです。しかし、この段階が進むにつれ、強迫観念に駆られるようになります。実際、人は85〜100%の時間を相手のことを考えて過ごしていると言われています。ほとんどの場合、現実の生活は通常通åりに行われ、思考は日常生活の仕事の楽しい背景となります。

しかし、この段階では、仕事や学校に集中できないことがあります。



3.結晶化

恋をしている人は、愛する人を理想化すると言われることがありますが、科学的にはそれは正しくありません。その代わり、恋の第3段階は「結晶化」と呼ばれています。この段階では、相手の長所だけでなく短所も明確に把握できるようになります。自分の心の中では、愛しい人が抽象的な存在ではなく、現実の人間として存在しているのです。

しかし、彼女の欠点を知っているにもかかわらず、それを否定したり、魅力的な癖と見なしたりする傾向があります。

4.渇望、希望、不安

渇望、希望、不確実性は、結晶化と密接に関係しています。愛する人の姿がはっきりした今、自分は関係を持ちたいという気持ちでいっぱいになります。

少しでも積極的になれば愛が返ってきた証拠となり、少しでも拒絶されれば絶望の理由となります。

離別の不安や、愛を阻むいかなる障害も克服しようとする決意は、この段階の一部です。

5.軽躁状態

ある時点で、科学者が言うところの「軽躁状態」を経験することになるでしょう。これは、食事や睡眠がほとんど必要ないと感じるほどのエネルギーの高まりです。

しかし、顔面紅潮、震え、身体のぎこちなさ、吃音、発汗、心臓の鼓動が激しくなるなどの神経的な反応にも現れがちです。

6.嫉妬心とモチベーションの高さ

恋愛の道を進んできた人は、恋する相手に勝ちたいという強いモチベーションを感じる傾向があります。この段階では、非合理的な嫉妬や、他のパートナー候補を遠ざけるための行動がよく見られます。

また、拒絶されるのではないかという不安や、圧倒的な憧れもこの時期に現れます。

7.無力感

ある時点で、自分の激しい感情は、無力感へと変わっていくでしょう。最初は落胆するかもしれませんが、強迫観念が収まってくると、「なぜ自分はこんなに理不尽なことをしたのだろう」と思うかもしれません。

この時点では、まだ交際を強く望んでいるかもしれませんが、「なるようにしかならない」という考えに身を任せ始めます。徐々に実用主義と論理が手綱を握るようになります。うまくいけば、うまくいく。うまくいかなければ、次に進みます。

その過程での引き寄せの役割

興味深いことに、私たちは肉体的に魅力的だと思う人と恋に落ちる可能性が高いのは事実ですが、恋に落ちる際には非常に小さな役割しか果たしていないようです。

人は愛する人とはるかに深い感情の結びつきを求めているのです。

電話をしたり、手紙を書いたり、一緒に時間を過ごしたりすることは、願い事リストの上位にあります。

魅力の科学とそれがどのように自分の関係に役立つかに興味がありますか?



お気に入り追加