恋に落ちて男に好かれようと頑張りすぎている10の兆候

恋に落ちて、相手が「運命の人」だと確信したとき、「彼が自分を愛してくれれば、天国に行ける」と思うかもしれません。

そうなると、彼を誘惑するために、もう一歩踏み込んだ行動をとろうとするかもしれません。彼からの電話を期待して、他の人との待ち合わせをすっぽかしてしまうこともあるでしょう。

他の人には考えられないような頼みごとを、彼のためにしてしまうこともあるでしょう。

それは自分が感じている魅力に対する自然な反応ですが、男性との愛のある関係に投資するために必要なことをする優しい女性であることと、よく知りもしない男性に自分を好きになってもらおうと努力しすぎることとは紙一重です。

新しい関係の中で頑張りすぎるとはどういうことでしょうか?

自分が頑張りすぎている最大の兆候は、パートナーが、自分たちがいつも楽しい時間を過ごせていないと感じているときに見られます。何か違和感があり、それが何なのか混乱してしまうかもしれません。後になって、それが自分の頑張りすぎだったのか、パートナーの頑張りが足りなかったのか気づかないかもしれません。

好かれよう、注目されようと必死になるのをやめるには、誰もが自分を好きになるわけではないことを知る必要があります。

時には、理由もなく自分を嫌う人がいて、その理由が気になってイライラすることもあるでしょう。そんなことは気にせず、自分のことを好きでいてくれる人、一緒に過ごしたいと思ってくれる人に時間とエネルギーを注ぐのが一番です。

頑張りすぎると、逆に執着心の強いエゴイストな人間だと思われてしまうこともあります。親切にしすぎて見返りを期待しないという罠に陥りやすいので、親切にすることと、男性の興味を引き続けようとするあまり自分を見失ってしまうことの区別をつけることが大切です。

ここでは、自分が男性に好かれようと頑張りすぎて、本当の愛を見つけるチャンスを失っている10の兆候をご紹介します。

1. 自分は彼を自分の人生のすべての人や物よりも優先しています。

自分は彼の言葉に飢えていて、彼の声を聞くのが待ちきれません。彼の言葉に飢えていて、彼の声を聞くのが待ち遠しい。彼に好かれるためには、常に行動しなければならないと思っている。

しかし、このような行動は、自分が人生や友人を持っていないこと、もっと悪いことには、自分を含む自分の人生の人や物が彼に比べて価値がないことを伝えています。

これは大きな間違いです。定期的なスケジュール、ワークライフバランス、友人との会合、睡眠時間などを維持することが大切です。彼との時間のために、周りの人を無視していないか確認してください。彼との時間は、すでにあるスケジュールの中で調整しましょう。

年中無休でいる必要はありませんし、そうしない方が健康的です。

2. 彼のLINEに返信する

デジタルネイティブ」世代にとっては、これは古めかしいルールのように思えるかもしれませんが、彼氏からのメールにすぐに答えることは必ずしもお勧めできません。

例えば、友達と遊んでいる時、仕事の打ち合わせ中、ジムで運動中など、彼氏が話しかけてきた瞬間に返信すると、生活が乱れたり、周りの人を怒らせたりしてしまうことがあります。

最初から自分の立場を明確にしておきましょう。メールを返すのは数分から少し待ちましょう。彼氏の望みやニーズを、自分自身や自分のニーズよりもはるかに優先させてはいけません。



3. 彼のスケジュールに合わせて自分のスケジュールを決めてしまう

彼のスケジュールに合わせるために自分の生活をすべて捨ててしまうと、自分自身が非常に不幸になってしまいます。友人との時間や趣味、好きな遊びも失われてしまいます。自分のニーズが満たされない。

満たされない欲求は、自分の心身の健康に大打撃を与えます。睡眠不足、社会的ネットワーク、サポートしてくれる人など、様々なことが失われてしまいます。

優先順位を明確にし、彼と過ごす時間と他の人生の重要なイベントとのバランスを取る。充実した自立した生活を送り、様々な活動や人、興味を持つことが、男性に好かれる方法です。

4. 自分の関心事について発言しない

一緒に過ごす時間の中で、自分は彼に会話の主導権を握られてしまうかもしれません。これでは、自分のカラフルな個性が発揮できず、また、自分のことを見てくれている、理解してくれている(感謝されている)というポジティブな感情を、関係の中で味わうことができません。

このような機会を与えてくれるのは彼だと思っているかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

自分は、自分が必要としているものを認識し、それを主張することを学ぶ必要があります。自分がやらなければ、誰もやってくれません。彼が自分の心を読んでくれるとは思わないでください。また、自分の気持ちを理解してもらおうとも思わないでください。自分が何を必要としているのかを話し、優しく主張しましょう。

5.自分ではそう思っていなくても、彼の言うことすべてに同意している

彼の考えを支持することは、男性に好かれるための良い方法です。多くのことに同意するのは気分がいいものです。一緒に共有できる共通点がたくさんあるので、「ソウルメイト」を見つけたような気分になることもあるでしょう。

一方で、すべてのことに同意することはあり得ません。しかし、意見の相違は自分にとって良いことであり、健康的でもあります。

自分の意見が通らないことで、彼に認めてもらえないのではないかと心配するかもしれませんが、自分から意見を言わなければ、自分の意見は認められません。その結果、自分は二人の関係に迷いを感じたり、すべてが彼のためにあるように感じてしまうでしょう。

自分の意見を主張する必要はありませんが、彼の意見と自分の意見が一致しない場合は、区別して伝えることが大切です。そうすることで、活発な会話になるかもしれませんし、二人とも意見が合わないままになるかもしれません。

もし自分が、自分の意見に反対すると怒ったり、反対したりするような男性と一緒にいるなら、その男性は明らかにソウルメイトの資質を持っていないので、とにかく心配する必要はありません。

関連記事 自分がどんなに魅力的であっても、男性が恋に落ちるのを妨げる5つの性格的特徴とは?

6. 彼のジョークが面白くなくても、笑ってしまう

男性が女性を笑わせることは、求愛のための不可欠な要素のひとつです。多くの女性は、ユーモアのセンスがある男性を求めます。では、もし自分の大切な人がジョークを言っても、自分がそれを面白いと思わなかったら、どうすればいいのでしょうか?

彼が冗談を言ったり、ある意味でからかったりするたびに笑ったふりをしていたら、仮面をかぶって自分の本心を隠しているようなもので、自分を惨めにしてしまいます。

そして、いつまでもそのようなふりをしていても、自分自身を消耗してしまい、結局は、そのような冗談や揶揄がもともとあまり面白くなかったということを、ずっと彼に明かしてしまうことになります。長く付き合っていると、このような行動は、彼に裏切り感を与えたり、自分が彼に嘘をついたと感じさせたりします。

このような状況に対処する最善の方法は、自分自身であることです。彼のジョークが気に入ったときだけ笑い、気に入らないものは丁寧に伝えましょう。笑顔でうなずくのもいいかもしれません。



7. 必要以上に彼に尽くしてしまう

自分が彼の用事や家の掃除、食事を作るなど、常に彼のために好意を示すことで愛を表現しているのに、彼がそれに応えることがほとんどない場合、自分は仕事量のバランスが崩れています。

このようなバランスの悪さは、彼が自分の時間を自分よりも大切だと考えていたり、このような「母親らしい」行動を期待していたりすることを示唆しており、二人の関係に大きな赤信号を灯します。

自分のバランスを作りましょう。彼が皿洗いをしたら、自分は洗濯をする。彼はお金を稼ぎ、自分は家事をする。夫婦のバランスは人それぞれで、正しい方法はありません。

自分がソーシャルメディアに投稿しすぎたり、何かをしすぎたりするのは、本当は幸せではないのに、自分や他人に幸せだと証明しようとしている悲しい兆候かもしれません。

公平で合理的と思われるものに二人で同意し、その基準を守ることが必要です。

8. 彼の悪い行動を見て見ぬふりをする

彼が誠実さに関して自分と同じ考えを持っていない場合(嘘をついたり、浮気をしたり、取ってはいけないものを取ったり)、自分にとって居心地の悪いものになるでしょう。

その人に好かれるために、彼が夢中になっていることに自分もついていってしまう可能性があります。そうなると、彼の悪い行動を正当化するために言い訳をすることになり、友人や家族に加えて、自分のモラルや考えと対立することになりかねません。

優先順位を決めましょう。彼がやっていることが自分の考えではOKではないのなら、越えてはいけない一線がどこにあるのかを彼に伝え、彼が自分の言うことを聞かない場合は、自分の決断をフォローする必要があります。

9. 彼が悪いときでも、いつも謝っている

多くの場合、これは自分が二人の関係において後ろ向きになり、一生懸命になりすぎている最初の兆候です。自分は自分の行動に責任を持っていますが、彼が自分を怒らせたときの行動にも責任を持っています。

自分は、彼が自分のしたことに責任を持つのを見たいと思っていますが、むしろ彼を怒らせないようにしたいと思っています。彼の行動を非難すると、彼が自分に怒るのではないかと心配している。

彼が自分の失敗を自分のせいにする傾向があるなら、自分がその責任を受け入れていないかどうか注意してみてください。争いのどの部分に誰が本当の責任を負うのかを見極めましょう。自分が何か間違ったことをしたり、彼の気持ちを傷つけたりした場合には謝ることができますが、自分がしていないことに対して責任を負うことは絶対にしてはいけません。

そして、自分の男性が間違っている場合、自分を傷つけるようなことをしたことに対する謝罪を期待するのは健全で正常なことです。

10. 自分は彼が自分の上を歩くようにしています

自分が「平和の守護者」であれば、自分自身よりも彼に甘くなるかもしれません。衝突を避けることは、時には役に立つこともありますが、長い目で見れば二人の関係に悪影響を及ぼします。

今、自分が設定したバランスは、二人の関係が続く間、自分に付きまといます。ソウルメイトを見つけようとしているのなら、それはつまり、残りの人生を見ている可能性があるということです。

1年後、5年後、10年後の自分の関係を想像してみてください。今の状態に満足していますか?満足していないのであれば、自分のニーズとウォンツを考え、自分の権利を認識し、自分のために立ち上がる勇気を持ってください。自分がやらなければ、誰がやるんですか?

自分の時間、趣味、友人、倫理観、ニーズやウォンツを犠牲にしても、男性に好かれることはありません。自分の時間、趣味、友人、倫理観、必要なもの、欲しいものを犠牲にしても、男性に好かれることはありません!これでは関係のバランスが崩れ、後で相手に憤りを感じることになります。

自分を大切にすることは利己的なことではなく、バランスのとれた健康的な関係の一部なのです。自分に自信を持ち、恋愛に何が必要かを知っていれば、パートナー候補からも一目置かれ、その自信を称賛し尊重してくれる人を引き寄せることができます。

誰かに好かれようと必死になるのではなく、自分自身を十分に好きになって、自分が恋愛に何を求めているのかを知るようにしましょう。



お気に入り追加