時間が経つとパートナーに似てくる5つの方法

誰かを好きになるといろいろなことが変わりますが、なぜそのような変化が起こるのかを説明するのに科学のようなものはありません。

恋愛相談では、カップルになっても自分の個性を保つことが大切だというアドバイスをよく目にしますが、恋をすると自分の性格や行動が多少なりとも変わってしまうことがあると知ったら、本当に驚かれるでしょうか?

そう、恋愛をすると、カップルの見た目やコミュニケーションの仕方など、さまざまなことが変わってきます。

ここでは、科学的に見て、カップルになると人が変わる5つの点をご紹介します。

1. 同じ動作をするようになる

結婚したカップルを兄弟と勘違いしたことはありませんか?夫婦は、時間が経つと似てくるものです。

大学心理学部の研究結果によると、同じ筋肉を頻繁に使うようになり、お互いを映し出すようになるため、同じようなマナーを身につけるようになるのだそうです。

2. 同じ量の食事をするようになる。

多くの男性は、交際を始めてから体重が増えたことで女性に嫌な思いをさせようとしますが、これには理由があります。

大学の栄養学・食品学・公衆衛生学部の非常勤教授であるリサ・ヤング博士によると、男性は身体が大きいだけに食べる量が多いそうです。

そのため、女性と付き合うと、その女性が男性の習慣を受け継いで、男性と同じくらい食べるようになることが多いのです。

3. 響きが似てくる

動きが似てくるだけでなく、話し方も変わってきます。カップルは長い時間を一緒に過ごしているうちに、基本的なリズムや構文がより似てくるように変化するという。

さらに、カップル間のテキストメッセージも、最終的には似たような声になるように変化します。

4. 自分たちの言葉を作る

コミュニケーションのために秘密の方法を作っているのは自分たちだけだと思っていたら、それは間違いです。心理学者たちは、カップルがつながりを深めるために、ニックネームや内輪ネタ、秘密の言葉やフレーズを作っていることを発見しました。

また、大学で行われた研究では、秘密の言葉を作っているカップルは幸せになる傾向があることがわかりました。

5. 互いの文化的特性を学ぶ

ある研究によると、「上」や「下」と結婚する人は、同じ立場に立つために相手にあることを教える傾向があるという。

労働者階級の人は、中流階級のもう一人から、より安定した生活を送る方法を学ぶ。

中流階級の配偶者は、労働者階級の配偶者から、家族との時間の過ごし方を学びます。



お気に入り追加