匂いが記憶に残る理由とは?

視覚、聴覚、触覚に比べて、なぜ匂いは私たちの心を素早く動かすのでしょうか。

嗅覚と記憶をつかさどる脳の部分は、互いにユニークなつながりを持っていることが研究で明らかになりました。

この研究結果は、刈り取った草のような匂いが、なぜ長い間忘れていた記憶を強力に呼び起こすのかを説明するのに役立ちます。

においは記憶の深い部分を占めており、においは私たちの人生において特に重要な記憶と結びついています。

新鮮なパセリのみじん切りの香りは、祖母の料理を思い起こさせるかもしれないし、葉巻の匂いは祖父の存在を思い起こさせるかもしれない。

匂いは、私たちをその人の存在へと誘う大切な記憶と結びつけます。

記憶に不可欠な脳の領域である海馬は、脳の嗅覚領域(匂いに関連する領域)に直接アクセスしています。

視覚、聴覚、触覚などの他の第一の感覚は、記憶と同じような強い関連性を示さないことが研究者たちによって明らかにされた。

進化の過程で、人間は大脳新皮質の大幅な拡張を経験し、記憶ネットワークへのアクセスが再編成されました。

視覚、聴覚、触覚のすべては、新皮質の拡大に伴って脳内で再配置され、海馬とは直接ではなく、結合皮質を介して接続されるようになりました。

今回のデータでは、嗅覚はこの経路変更を受けず、海馬に直接アクセスしていることが示唆された。

また、脳スキャンと脳に設置した電極を用いた研究では、鼻で息を吸ったり吐いたりすることで、脳の記憶領域と嗅覚領域の接続性が変化することもわかりました。

これは、人間の経験の中で永遠の謎となっています。

ほとんどすべての人が、匂いを嗅ぐことで別の時間や場所に移動した経験があります。

しかし、その理由はわかっていませんでした。

研究では、脳の嗅覚部分が、他の感覚よりも記憶部分と強く結びついていることがわかりました。

これは、パズルの大きなピースであり、人間における顕著な発見です。

新型コロナウイルスで嗅覚を失った人のほとんどが嗅覚を取り戻しますが、その期間は様々で、中には永久に失われたと思われる人もいます。

嗅覚の喪失は、その影響が過小評価されています。

QOL(生活の質)に多大な悪影響を及ぼしますが、多くの人は経験するまでそのことを過小評価しています。

嗅覚の喪失は、うつ病や生活の質の低下と高い相関関係があります。

無料カウンセリング受付中/ライザップ

お気に入り追加