親友とデートする前に考えておくべきこと

人間関係は、最初に親友、後にカップルになったほうがずっといいと言っています。私たちは、いつも自分の味方でいてくれる人を見落としがちです。

正しい相手とは、ずっと自分の側にいた人だったりします。その人は今付き合っている人ではなく、今付き合っている人についてアドバイスをしている人かもしれません。

自分が最後の選択肢と考えている人が、最良の選択肢かもしれないのです。しかし、特に親友のような大切な人に対しては、次のステップに進むのが難しいこともあります。

以下は、前に進むために役立つかもしれない、親友と付き合うことの8つの長所です。

1.すでに初デートと思われるものを経験している

一般的な初デートは、第一印象や相手のことをよく知るための質問で構成されています。しかし、親友の場合は、気まずい知り合いになる段階をすでに通過しています。

2.相手は自分の両親をすでに知っていて、自分の両親はおそらく相手を愛している

新しい人とデートするたびに、自分の両親が相手を好きではないのではないか、認めてくれないのではないかという心配が常につきまといます。しかし、自分の両親は、自分が親友と付き合っているならば、喜んでくれるでしょう。そもそも、自分にとって相手以上の人はいないだろうと知っているからです。

3.二人とも多くのことを背負っているので、より一生懸命になる

これは、自分の親友の話です。相手は自分の人生の中で、物事が本当にうまくいかなかったとしても、あまり気にしないような、ランダムに通り過ぎる人ではありません。

たとえ二人の間が荒れていたり、思っていたようにいかなかったりしても、二人はうまくいくように努力するでしょう。

4.何があっても、いつも自分のそばにいてくれる

相手は、自分の最高の状態も最悪の状態も見てきましたが、それでも自分のそばにいます。相手は自分がいつもバラ色の自分である必要はありません。自分は自分自身でいればいいのです。なぜなら、それこそが相手が自分のことを本当に愛していることだからです。

5.誰も自分のことを理解していない

もしその人が本当に自分の親友なら、他の誰よりも自分のことを知っています。自分がどんな人と付き合いたいのか、どんなことを期待しているのかをすでに理解していて、自分を決して失望させないように最善を尽くしてくれます。



6.自分の秘密を知っています

親友は、自分の秘密をすべて知っているはずです。自分が誇りに思っていることも、そうでないことも。

自分が経験してきたことや、自分が抱えている感情的な荷物もすべて知っています。相手は自分を愛し、自分を受け入れ、決して自分を変えようとはしません。

7.大切な時間を一緒に過ごしてきた

もし自分がずっと親友だったら、相手は自分と一緒に、良いことも悪いことも含めて、たくさんの人生の瞬間を経験してきたはずです。

病める時も健やかなる時も、生死を共にしてきました。何が自分を動揺させ、何が自分を幸せにするのかを知っていて、どうすれば自分のそばにいられるのかを正確に認識しているのです。

8.お互いのことをよく知っている

元恋人や過去の関係が表面化すると、多くの関係が混乱します。お互いの過去を良くも悪くも全て知っているので、このような問題は起こりません。

さらに重要なことは、別れた後に相手が傷つくのを見てきているので、将来的に相手の痛みの原因になりたくないということです。

親友との交際が常にサクセスストーリーで簡単だと言っているわけではありません。親友であっても、付き合うとなるとうまくいかない人もいます。コインには裏表がありますが、このコインにも裏表があります。

以下は、物事が自分の予想通りに進まなかったときのために、親友と付き合うことの4つの短所です。

1.プラトニックな相性とロマンチックな相性の違い

私はいつも言っているのですが、どんな関係も相性がなければうまくいきません。ロマンチックな関係もプラトニックな関係も含めて、すべての関係を維持するためには相性が必要です。

親友の場合、プラトニックな相性とロマンティックな相性を混同してしまうことがありますが、そうなると二人の関係がおかしくなってしまいます。

2.事態が悪化すると、彼氏だけでなく、親友も失うことになります

元カレと友達になれると言っていた人は、それが本当かもしれません。元彼と親友に戻れると思っている人にとっては、結局、親友には戻れないでしょう。

下手をすると、人生で最も重要な2つの関係を失ってしまうことになります。誰かに自分の一部を取り除かれたような、あるいは一晩で人生の半分が消えてしまったような錯覚に陥るでしょう。

3.自分の秘密をすべて知っている

これは以前、長所として挙げたことがあります。自分の大切な人が自分の秘密をすべて知っているのは良いことですが、時には少ない方が良い場合もあります。

パートナーに知られたくない秘密もありますよね。これらの秘密は、喧嘩の際に表面化し、醜い問題を悪化させるものです。

4.友人がどちらかの味方をしなければならないので、友人にとって気まずい状況になる

親友であれば、共通の友人関係があるはずです。事態が悪くなると、友達にとっても悪い状況になります。二人のどちらかを選ばなければならず、それは誰にとっても良い状態ではありません。

親友とのデートには、短所よりも長所の方が多いことがよくわかります。しかし、親友は自分の人生にとって非常に重要な人物であることを理解する必要があります。

次のステップに進むことを真剣に考えているのであれば、今ある力関係が変わってきます。私はいつも、「正しい人」が現れるまでには、多くの「間違った人」を経験するものだと言っています。自分の親友が、自分にとって正しい人であることを心から願っています。

もし、その人のことを本当に好きで、自分に合うかもしれないと思ったら、思い切って行動してみてください。挑戦しなかったことを後悔するような人生にはしたくないものです。

運が良ければ、ずっと親友だったことに気づくこともあります。



お気に入り追加