結婚生活が長続きするかどうかを決める2つのシンプルな質問

もし自分がすでに結婚しているなら、バージンロードを歩いてきた相手が、自分にとって唯一無二の、生涯を通じた永遠のソウルメイトであると思い込んでいるか、少なくともそう願っていることでしょう。

しかし、人々はそれを誤解しています。

自分は、自分の結婚が長続きするかどうか、本当に試してみる勇気があると思いますか?

もしその答えがイエスであれば、お二人がすべきことは、研究者が結婚の質と強さを予測できると言う2つの簡単な質問に答えることです。

大学の経済学者は、長期にわたる全国家庭調査の一環として、4,242組のカップルに2つの簡単な質問をしました。

そして、6年後に相手を追跡調査したのです。

自分の結婚生活が長続きするかどうかを知りたいなら、この2つの質問をするべきだと相手の研究は言っています。

1. もし結婚していなかったらどれだけ幸せだったかと比較して、自分は結婚生活にどれだけ満足していますか?

2. その質問に対して、自分の配偶者はどのように答えたと思いますか?

また、「結婚していなくても幸せであることに変わりはない」と答えたカップルは、当然のことながら、その6年以内に離婚したカップルでもありました。

ここでいう愛とは、配偶者が単に幸せであることで、自分も何らかの幸せを得られるということです。



例えば、私が家事を増やすことに同意すると、私個人の幸福度は多少下がりますが、パートナーが利益を得ていることを知るだけで、相殺された幸福感を得ることができます。

多くのカップルはそれを優先していないようです。そして、ニュースはそこからさらに悪化していきます。

調査に参加したカップルのうち、相手が何を言うか予測できたのは40.9%に過ぎず、多くのカップルが同じ考えを持っていないことがわかりました。

また、約6割のカップルがお互いの情報を完璧に答えられませんでした。

そして最後に、4分の1の人が、カップルとしての全体的な幸福感についての認識に「深刻な食い違い」があることがわかりました。

最新のデータによると、結婚の39%が離婚に至っているそうですが、この質問に挑戦するカップルが増えれば、自分たちの結婚生活が続く可能性をより正確に見積もることができるでしょう。

いずれにしても、より多くの夫婦にとって、聖なる結婚生活が6年以上続くことを願ってやみません。



お気に入り追加