結婚生活があなたを憂鬱にさせている10の兆候

自分は、”私の結婚生活が私を鬱にさせているのではないか?”と疑問に思ったことはありませんか?人間関係の問題に起因する状況的うつ病を見分ける方法があります。

うつ病になると、いつまでも暗い雲に覆われているような気分になり、ブルーな気分になったり、不機嫌な気分になったりします。体が重く、疲れやすく、普段楽しんでいることにも興味が持てなくなることがあります。

また、自分や他人、自分の将来について、いつもと違ってネガティブな考えをしてしまうこともあります。

しかし、結婚生活がうまくいかないと、うつ病になるのでしょうか?
うつ病には様々な原因がありますが、結婚生活や人間関係の問題は、状況的なうつ病を経験する理由の1つに過ぎません。うつ病は、権力の乱れから来ることもあれば、大切な人からのメッセージで自己評価が傷つくことから来ることもあります。

一般的に、女性は男性よりも離婚後にうつ病を発症しやすいと言われています。しかし、男性は自分のうつ状態を率直に話すことが少ないようです。

不幸な結婚生活の兆候は何ですか?

不幸な結婚生活の兆候としては、お互いの感情や心配事を最小限に抑えることなどが挙げられます。つまり、楽しくなくなり、自信がなくなってしまうのです。自分が無視されていると感じ、パートナーの行動がすべて気になってしまいます。

一般的に、あるいは特定の出来事が原因で、人間関係の中で無力感や傷つきを感じている場合は、うつ状態に陥る可能性が高くなります。

関連記事 憂鬱な気分になったとき、心の健康を保つための5つのステップ

毒のある人間関係は、メンタルヘルスにどのような影響を与えるのでしょうか?
毒性のある人間関係は、自分にストレスを与え、ストレスは寿命を縮めます。このような人間関係は、不安感や自尊心の低下を招き、傷つくような考えが頭に浮かんできます。

その結果、無力感、恐怖感、不安感、さらには被害妄想を感じるようになります。これらはすべて、うつ病の症状です。

また、信じられないかもしれませんが、人間関係の悪化が精神疾患を引き起こすこともあります。このような感情はすべて、うつ病や不安症など、非常に深刻な精神疾患への入り口です。

これらの赤信号を無視するのではなく、自分が落ち込むのを防ぐために何ができるかを考えてみましょう。 また、うつ状態が悪化していると感じたり、助けやサポートが必要な場合は、友人や家族、専門家に相談してみましょう。一生続くわけではありません。

結婚生活が原因でうつ病になっている可能性はありますか?

人間関係の悪化や結婚生活の問題が、自分をうつ病にしている、あるいは少なくともうつ病の原因になっている可能性は十分にあります。これらは、不健全な関係の一般的な兆候です。これらの兆候が見られても、うつ病になっていない場合は、心配する理由があるかもしれません。

ここでは、有害で感情的に虐待されるような関係や結婚生活を続けることで起こる状況的なうつ病の10の兆候を紹介します。

1. 支配されていると感じる

相手よりも自分の方が小さく、力が弱いと感じると、うつ状態になることがあります。

すべての力の差がうつ病を引き起こすわけではありません。例えば、健全な親子関係では親がほとんどの力を持っていますが、親がその力を子供を支配するためではなく、育てるために使っている限り、すべてはうまくいきます。

同じように、雇用者は従業員よりも大きな力を持っています。

しかし、大人同士の恋愛では、ワンアップ、ワンダウンのパワーバランスではなく、パワーを共有する方が健全です。



2. 批判されていると感じる

自分のその髪型は好きじゃない、その新しいセーターを買うべきではなかったです。

批判はパットダウンです。フィードバックは問題ではありませんが、批判は問題です。

フィードバックは、自分が今までしてきたことが問題であることを穏やかな方法で知らせてくれるもので、たいていは「I」の文で始まります。自分の新しいセーターを見て不快に感じたのは、今月の生活費が足りるかどうか心配だからです。

愛する人に批判され続けることは、破局を招く正当な理由となりますので、これは二人の関係に関わる深刻な問題であり、すぐに対処する必要があります。

一方、批判的な言葉や批判的な口調での批判は問題となります。それだけでなく、パートナーから常に批判されていると、頭の中の声が自分にも向けられるようになり、落ち込みがさらに激しくなってしまいます。

3. パートナーが自分に何をすべきか指示する

上から目線の態度は、やる気を失わせます。ハニー、新聞を取ってきて」のような穏やかな命令であっても、言われるのが好きな人はいないので、受け手の苛立ちや憂鬱を引き起こす可能性が高いです。自律した2人の人間がチームを組んで仕事をする場合も、このパターンです。

うつ病は、「自分の力が足りない」と感じることが原因です。指示されるということは、相手がボスで自分がサーバントであるということです。それよりも、お願いしたほうがいい。依頼とは、イエスかノーで答えられるものです。

4. パートナーが自分を支配しようとする

時間、金銭、交友関係、家族への訪問の度合いなど、これらの行動はすべて憂鬱な気分を招く可能性があります。

自分のやり方で食洗機をセットしないと怒ったり、カウンターの上に食器を置きっぱなしにしたりするのは、パートナーが自分の船のキャプテンではなく、自分をコントロールすることに集中している証拠です。

覚えておいてほしいのは、うつ病は力の障害だということです。パートナーが自分の個人的な決定権(あるいは少なくとも決定に共同で貢献する力)を奪うと、うつ病が差し迫ってくる可能性が高いのです。

5. 自分のパートナーは「常に正しい」

自分の愛する人が正しいことをするのは構いませんが、常に正しいことを要求されなければいいのです。

パートナーが正しいことで、間違いを認めることができないのであれば、それは問題です。また、パートナーが正しいことで、自分が常に間違っている場合は要注意です。

6. パートナーとは、「自分のやり方でやるか、高速道路でやるか」である

健全な関係では、二人の意見や懸念が重要であるため、耳を傾けることが愛情となります。それは、夕食に何を食べようかと悩んでいるときでも、どこに住むかを決めるときでも同じです。

自分の声が無視されてしまうと、自分は無力感に苛まれ、落ち込んでしまう危険性があります。

関連記事 トラウマになるような出来事があって、うつのスパイラルに陥ってしまったときの対処法

7. 自分のパートナーが落ち込んでいる

うつ病は伝染する。インフルエンザと同じように伝染するわけではありませんが、ある研究によると、人間は周りにある行動を自然に取り入れてしまうと説明する、社会的伝染説があります。

落ち込んでいる人は、自分を含めた世界を暗いメガネで見てしまう傾向があります。自分が相手の見方を受け入れれば、自分も感情的に沈んでしまうでしょう。

夫や妻がセラピーに参加したり、外を散歩したりすることを勧めてみましょう。そのようなちょっとしたことで、目的意識を持ち、頭の中を少しでも整理できることもあります。ただし、セラピストがいるとベストです。

8. パートナーがイライラしている

イライラは低強度の怒りです。怒りは有毒な負のエネルギーを広げます。この毒性は、怒りを受けた人に鬱病を誘発します。

怒りは、見ている人にとっても邪魔で不快なものです。怒りの直接の受け手にとっては、その毒性はさらに強くなります。

9. 自分のパートナーが虐待をしている

すでに述べたように、虐待は、感情的には相手の批判的で支配的な態度で、言葉的には悪口で、肉体的には押したり、物を投げたり、殴ったりすることで表現されます。これらの虐待は、いずれも愛のある関係とは相容れないものです。

このような時こそ、結婚生活から立ち去るべきです。

誰かを傷つけたいという衝動は、愛し、育み、親密になりたいという衝動とは正反対です。どんな形であれ、自分を貶めることは、憂鬱を生みます。どんな形であれ、感謝の気持ちは良い感情を加えます。とてもシンプルなことです。

10. パートナーが自分の役割を果たさない

一緒に生活し、愛するというプロジェクトに積極的に参加してくれるパートナーは、一緒にいて楽しいものです。朝、2人のためにスクランブルエッグを作ってくれたり、お客さんが来る前に簡単な掃除をしてくれたり、手助けをすることは愛情につながります。

反対に、自分の役割を果たさないパートナーは、受動的な挑発をしていることになります。それに対して、自分がイライラしたり怒ったりするのは、自分が大人のパートナーとして十分な役割を果たせていない証拠です。

もし、自分が人間関係の中で悲しい思いをしているなら、その理由を考え、解決策を見つける必要があります。配偶者や結婚カウンセラーに相談して、自分の気持ちを整理しましょう。

自分や自分の知り合いがうつ病を患っていても、自分だけではありません。成人の5人に2人以上が、一生の間に不安や抑うつ障害の症状を経験しているとのことです。



お気に入り追加